硬貨を積む人

節税効果が得られるマンション経営|最新投資術

家賃滞納のリスクを軽減

女性

確実性の高い方法である

家賃債務保証は、賃貸住宅を借りる際に借主が立てる必要のある連帯保証人を、個人に代わって家賃債務保証会社が引き受けると言う仕組みです。通常、連帯保証人は親族などに頼むことが多いですが、近年の核家族化や高齢化などの社会状況を背景に需要が増えています。連帯保証人を立てるのが難しい借主にもメリットがありますが、貸主が家賃債務保証を利用するメリットは、個人の連帯保証人よりも家賃滞納のリスクを軽減できることです。家賃滞納が発生した場合、家賃債務保証会社が家賃を立て替え、借主から立て替えた家賃を回収します。貸主や賃貸管理会社に代わって滞納家賃を回収すると言った側面を持っていることから、貸主にとってはリスクを軽減できる大きなメリットと言えます。

需要の高まっている制度

家賃債務保証は親族であっても連帯保証人を頼みたくないと言った傾向や、失業者、非正規雇用などが増加したことからニーズが高まっています。高齢化によって高齢者の一人暮らしが増えたこともあり、高齢者や障がい者を対象とした家賃債務保証制度もあるほどです。家賃債務保証会社を利用する際には一定の審査があり、入居申し込み時に審査が行われます。会社によって審査の方法は違いますが、一定の収入があることや金融事故歴の有無などが審査の基準となることが多いようです。また、家賃滞納の記録があると審査に通ることが難しくなる傾向があります。そうした審査を経てからの利用になるので、貸主にとっても審査に通った借主なら安心出来ますし、リスク軽減に期待が出来るシステムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加